2022-08

不動産

土下座をしても欲しい「私道の持分」

私道に接する土地は、トラブルになる前に話し合いで解決できる場合が多いものです。トラブルに発展してしまった場合は、弁護士に相談することになりますので、多大な労力と時間、費用が掛かることになります。
ブログ

もう手放した方がいい

事実は取り上げられたということだが、結果的には手放すことにより、気持ちも穏やかに同じ家で生活できることになりました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました