不動産

不動産

【相続土地国庫帰属制度】相続したくなかった、いらない土地を国に引き取ってもらう方法

要らない不要な土地を所有していることは精神的にも金銭的にも重い負担でしかありません。維持管理に固定資産税。処分するには売却するしか方法がなかった時と比べ、徐々に選択肢が増えてきました。国に引き取ってもらう新制度が4月から施行されます。
不動産

通行承諾とガス管・水道管など埋設管の掘削承諾が必要になるとき

私道に関しては、持分を持っているか持っていないかで対応の仕方が大きく異なります。持分のない私道に面している土地の所有者は、建て替えや売却をするときには、事前に【通行承諾書】と【掘削承諾書】を取得するようにしてください。
不動産

【施主検査と家屋証明書】住宅を新築したら必ず忘れずに行いたい2大事項

引渡しを受ける前の【施主検査の実施】と【住宅用家屋証明書の取得】。住宅の新築に限らず、建売住宅を購入するときに気持ち良い関係性を維持しつつ、損をしないために確認しておきたい2大重要事項。
不動産

不動産鑑定士と土地家屋調査士

『不動産鑑定士って?』と質問されましたので、簡単にご説明させていただきます。日本では年に2回、土地の価格が公表されます。※主に私の経験からの説明になります。
不動産

不動産を高く売るために必ず調査しておきたい二つのこと

売主が高く売りたいと思うように、買主は安く買いたいと思っています。不動産の売買も社会の景気や金融政策に影響をうけて時事相場が形勢されています。物件が高く売れるときには購入する物件も高く、安くしか売れないときには新しい物件も安く購入できます。
不動産

【越境解消の覚書】どこまでの責任を負うべきか?

どうせ既存の建物は取壊すのだから現況有姿・契約不適合(瑕疵担保)免責でいいじゃないかと考える方が多いのですが、買主にしてみたら解決するために費用の掛かるリスクは避けたい訳です。ここの部分の条件のすり合わせが売買価格に大きく影響してきます。
不動産

擁壁の隙間をふさいだら「越境している」と言われて困っています

隣地が測量することになり、境界を立ち会って確認して欲しいと協力を求められた。立会から数日後、突然、不動産会社の人が来て次のように言われて、何のことか分からなくてとても困っています。「お宅の塀が越境している。この書類にサインして欲しい!」
不動産

絶対に買っておいた方がいい【私道の持分】

私道に接する土地は、トラブルになる前に話し合いで解決できる場合が多いものです。トラブルに発展してしまった場合は、弁護士に相談することになりますので、多大な労力と時間、費用が掛かることになります。
不動産

擁壁のある土地を購入するときに必ず確認しなければならない2つの重要事項

無許可で作られた土留めが原因による土砂災害は人災です。人災は避けることが出来ます。一番確実な方法は、現地で実際の写真を撮り役所で確認することです。
不動産

川崎市の暮らしの相談窓口

お困りごとを放置していても何の解決にもなりません。もっと最悪な状態になってしまうリスクの方が高いものです。物事を解決するためには自ら動くよりほかに方法はありません。そして何でもかんでもお金を払わないと解決できないということでもありません。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました