売買

不動産

通行承諾とガス管・水道管など埋設管の掘削承諾が必要になるとき

私道に関しては、持分を持っているか持っていないかで対応の仕方が大きく異なります。持分のない私道に面している土地の所有者は、建て替えや売却をするときには、事前に【通行承諾書】と【掘削承諾書】を取得するようにしてください。
不動産

不動産を高く売るために必ず調査しておきたい二つのこと

売主が高く売りたいと思うように、買主は安く買いたいと思っています。不動産の売買も社会の景気や金融政策に影響をうけて時事相場が形勢されています。物件が高く売れるときには購入する物件も高く、安くしか売れないときには新しい物件も安く購入できます。
不動産

【越境解消の覚書】どこまでの責任を負うべきか?

どうせ既存の建物は取壊すのだから現況有姿・契約不適合(瑕疵担保)免責でいいじゃないかと考える方が多いのですが、買主にしてみたら解決するために費用の掛かるリスクは避けたい訳です。ここの部分の条件のすり合わせが売買価格に大きく影響してきます。
売買

紹介料をお支払いします

友人・知人だから無料でサポートする。それはおかしいことです。責任をもって真剣に考え行動し、まとまったときには堂々と報酬を得る!そうすることで、気持ち良く長いお付き合いができると思います。
売買

土地の査定価格

実勢価格(時価)を100とした場合に、行政から公表される4つの価格、公示価格・基準地価・路線価・固定資産税評価額との割合がそれぞれ一定の割合で安定していることで、実勢価格(時価)を推定することが出来ます。
売買

心臓発作による突然死に告知義務はない

人の死に関する不動産の取引は繊細な問題です。心理的瑕疵といってもその度合いは人によって異なります。これまで不動産業者任せだった告知事項にガイドラインが出来ました。告知義務はどのようなときにあるものなのでしょうか。
売買

競売ですべてを失う前に「任意売却」で再起する

借りるときには、「きちんと返します」と宣言する。でも苦しくなったら、「今月はちょっと無理」って開き直る。あまりにも自己中で自分勝手すぎませんか。競売になったらすべてを失います。足りない分は債務として残ります。借金が無くなることはありません。
売買

不動産をより高く売る13のチェックリスト(土地建物編)

購入希望者が即決できるようにすることが高く売るコツになります。その為に金額の分からない不安要素を無くして、見た目も新築マンションのモデルルームとまではいかないまでも綺麗に飾っておいた方が良いと思います。
売買

相続登記が義務化!中古住宅市場の活性化を期待!

きっかけは、所有者不明土地の解消でした。放置された不動産が荒廃していくことで景観が損なわれて治安も悪化するからです。本当は、税金が徴収出来なくなっていってることの方が問題だったのではないかと思います。相続が起きたことすらわからない。さらには、住所変更もされていない。これだと納税通知の送り先がまず不明になります。
売買

不動産探しの決め手は直感!

真夏の快晴、じっとしてるだけで汗が流れるような真っ昼間でも、一歩足を踏み入れた瞬間、ぞわっと背筋に電気が流れて鳥肌が立つ時もあります。そんな物件は深入りしないですね。逆に「あっ、なんかここ落ち着く!」いいご縁のはじまりかもしれないです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました