不動産

不動産

離婚の財産分与でもらった不動産は申告しなくていい

「婚姻期間中に取得した不動産、株、預貯金などの財産は、夫婦双方の協力があったからできた財産である」。財産分与による所有権移転の登記は、財産分与を受ける側は非課税とされるのに、分与する側は譲渡所得税が課税される。
不動産

競売ですべてを失う前に「任意売却」で再起する

借りるときには、「きちんと返します」と宣言する。でも苦しくなったら、「今月はちょっと無理」って開き直る。あまりにも自己中で自分勝手すぎませんか。競売になったらすべてを失います。足りない分は債務として残ります。借金が無くなることはありません。
不動産

相続対策の分筆登記

如何なる目的理由を問わず、分筆するためには境界確定が前提になります。相続で揉めてしまうと土地の分筆登記をするための権利者全員の同意を得ることが出来ず、売ってお金に換えて分けることしかできない。ということにもなりかねません。
不動産

自宅の建て替えが開発行為?!

開発行為に該当するかしないか、はじめに面積で判断します。よって、500m2だとしても許認可申請から造成工事までで少なく見積もっても1,000万円程の費用負担が生じることになります。この金銭負担をなくすことができる可能性があります。
ブログ

時代の流れに乗れているのかなぁ

不動産仲介から、販売、コンサルを経て土地家屋調査士業務へシフトチェンジしてきました。これも時代の流れですかね。
不動産

地積更正登記ができない

条文通りに厳しく徹底して管理指導することが悪いことだというわけではない。しかしながら、法務局によって扱いが異なり、さらには担当者によって回答が異なるというのはどうにかできないのだろうか?
不動産

不動産をより高く売る13のチェックリスト(土地建物編)

購入希望者が即決できるようにすることが高く売るコツになります。その為に金額の分からない不安要素を無くして、見た目も新築マンションのモデルルームとまではいかないまでも綺麗に飾っておいた方が良いと思います。
不動産

不動産屋さんと調査士先生

先生と呼ばれる土地家屋調査士は、職務は完了しました。〇〇さんの不動産業者は問題が表面化したことで仲裁に入って越境問題を解決してくれと頼まれる。隣地との紛争に発展したら、弁護士に相談して、調停、裁判までやる羽目になる。
不動産

不動産の相続登記をしてこなかった相続人(子孫)の末路

相続が起きたときに相続人で協議をして相続登記をしておけば避けられたトラブルを三例ご紹介します。被相続人が遺言書を残してくれていたら、争族になっても早く対応しておいたら、争族を放棄しておけば、などいまさらどうすることもできないことです。
不動産

【境界立会も道路後退も不動産投資もはじめが肝心】

凄く悔しいんだけど詐欺を立証してお金を回収出来る見込みはほぼありません。それに費用も時間もかかるから泣き寝入りするしかないんです。被害に遭うか合わないかの分かれ道に立ってる時が必ずあるんですけどね。
ブログ

いま決断できないことは、あとで決断することはない

失敗もただの経験。次はもう少し先へ進めるようになります。一度や二度の失敗で動けなくならないように小さく始めて大きく育てる。挫折して迷子になった。進むべき方向を見失った。そんなときの相談相手を見つけておきましょう。
ブログ

亡き親父の誕生日

ボクの親父は橋梁設計の会社員。母は美容師。ボクが生まれた時には自宅の一角に店を構えていました。先日、親父の82回目の誕生日に墓参りに行ってきました。もう4年くらい経ちます。とても恐いオヤジで厳しく躾けられました。
不動産

隣地に所有者不明土地!

このたび、相続登記と住所・氏名変更登記の義務化が成立しました。5万円と10万円の過料の適用が私たち日本人の規則は守るという国民性には有効な法律だと期待してます。
不動産

子供に教えたい不動産投資

あなたが働いて稼いだお金はあなたのお金。別の人が働いて稼いだお金は働いた別の人のお金。自分以外の人が働いて稼いだお金をあなたが貰えたら嬉しくないですか?それも一人だけではなくて何人も!それが出来る不動産投資とは?
不動産

相続対策~土地の合筆・分筆登記~

相続前に土地の整理をするには、1.何筆にも分かれて土地一筆ごとの境界が分からなくなっている土地をまとめる合筆登記を申請する。2.一筆あるいは数筆にまとまった土地の境界確定測量を行う。3.土地の地積に差異があるときには地籍更正登記を申請する。4.好きなように土地を分けるために分筆登記を申請する。
不動産

有効活用の原則『奥から計画して道路側から開発』

相続や一部売却、建て替えなど、土地全体の有効活用を考えた開発を進めるようにしましょう。毎年の固定資産税の支払い、土地を維持するって大変です。少しでも楽になりたくて建てた賃貸マンション。道路をふさいで奥の開発ができないなんてことになっていませんか?
不動産

都市計画法と建築基準法

建物を自由に建築することができる区域は、市街化区域内です。市街化区域と市街化調整区域は隣接しています。対象土地が市街化調整区域内にある場合には、原則、建物を建築することはできません。都市計画法と建築基準法のポイントを整理します。
不動産

公図の見方

土地の取引における公図の重要性とは?土地の取引において公図(正確には、「地図に準ずる図面」という)はとても重要な図面です。ここでは、不動産登記法の定義ではなく、実務での大切な役割についてまとめていきます。
不動産

登記記録(登記簿)の見方

不動産の登記記録は、1筆(1区画)の土地または1個の建物ごとに目に見える物理的状態を記した表題部と目には見えない権利関係を記した権利部の二つに区分して作成されています。 その記録は、いまに至るまでの変化の時期と原因とともに登記所で保存されています。
不動産

住宅は環境を購入する

住まい選びの優先順位は人それぞれです。優先樹陰の諸条件は、購入者に起因するものと、外部に起因するものとに分けることができます。外部に起因するものはどうすることもできないことが多いので、この条件から優先する方が満足度が高くなりやすいです。
タイトルとURLをコピーしました