投資

詐欺と投機、投資と運用のお話

「日々新しく挑戦し、コツコツと改善し続け、決して諦めることなく、儲けが出ても慢心することなく、稼ぎ続けることが出来る人」きっと、こんな人のもとにお金も集まってくるのだと思います。
調査・測量

相続の延滞税が発生しないように事前に準備できること

相続発生後に離れて暮らす相続人やその代理人の土地家屋調査士が境界確定の立会依頼をお願いしても、隣接土地所有者にとっては見知らぬ他人と変わりません。良好な関係を築いている人と他人とでは、境界同意までの作業について時間や工程の困難さに差が出るのは当然のことです。
不動産

擁壁の隙間をふさいだら「越境している」と言われて困っています

隣地が測量することになり、境界を立ち会って確認して欲しいと協力を求められた。立会から数日後、突然、不動産会社の人が来て次のように言われて、何のことか分からなくてとても困っています。「お宅の塀が越境している。この書類にサインして欲しい!」
不動産

土下座をしても欲しい「私道の持分」

私道に接する土地は、トラブルになる前に話し合いで解決できる場合が多いものです。トラブルに発展してしまった場合は、弁護士に相談することになりますので、多大な労力と時間、費用が掛かることになります。
ブログ

もう手放した方がいい

事実は取り上げられたということだが、結果的には手放すことにより、気持ちも穏やかに同じ家で生活できることになりました。
登記

境界トラブルを減らす一番の方法

境界確定測量の依頼は増えてきたように感じます。不動産取引に境界標の明示が義務になりつつあるからです。それでも、境界トラブルが減らないのはなぜでしょうか?
ブログ

「個人情報の漏洩」という断り文句

一定の士業登録者に使用することが認められている『戸籍謄本等職務上請求書』というものがあります。土地家屋調査士も隣接土地所有者の追跡調査で、この職務上請求を利用することがあります。昨今では、なんでもかんでも個人情報だからという理由で情報の入手が困難になってきました。
登記

隣地が所有者不明土地で分筆登記が出来なくならないようにするために大事なこと

境界確定のために隣接土地所有者との立会確認は絶対条件です。もし隣地の所有者が見つからなかったら?確認する相手がいない!これでは境界確定が出来ません。境界が未確定のままでは、不動産登記ができず、財産価値が大きく下がってしまいます。
調査・測量

震災復興図と戦災復興図

様々な理由から土地の広さに関心を持つことはあると思います。土地の広さに関する情報は、ほぼ公開されています。目的によって調査する資料や図面も異なってきます。ここでは、一般的に調査されやすい資料(図面)と東京都で境界確定測量を行う場合に重宝される震災・戦災復興図をご紹介します。
登記

建物の表題登記に必要な書類

建物が未登記だと判明。相続するにしても売却するにしても、不動産登記が必要です。まずはどのような建物なのか、現況を反映させた建物表題登記をする必要があります。そのために必要な書類は?必要書類が用意出来たら登記が速やかに申請できます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました