建築基準法

不動産

擁壁のある土地を購入するときに必ず確認しなければならない2つの重要事項

無許可で作られた土留めが原因による土砂災害は人災です。人災は避けることが出来ます。一番確実な方法は、現地で実際の写真を撮り役所で確認することです。
調査・測量

【再建築不可】心配事はこの確認から

不動産の物件概要書に『再建築不可』と書かれている物件資料をご覧になったことがある方も多いかと思います。路地状敷地はトラブルが多いって聞くし、建て替えるにしても工事が大変そう...そもそも建て替えできるのかしら?
不動産

建築できない土地、一敷地一建物とは

同一の敷地に二つの建物は建てられません、という決まり事から調査をしないで建築できない!と思い込んでしまっていることが多々あります。この思い込みですが、不動産登記法と建築基準法を区別できないことが原因です。
調査・測量

道路の凸凹を無料で直してもらう

公道や公園などの公共の場で特定の人(法人・個人)の所有地でない限り、そこを管理する行政に相談してください。道路が陥没していて危ない、道路の舗装が剥がれていて土埃が舞う、公園に不法投棄が多く汚くて臭いなど、真摯に対応対処してもらえます。
調査・測量

その「道路」、「道路」だけど『道路』じゃないよ!

不動産は土地建物がセットです。建物を建築することで多様に有効活用ができるようになります。建物を建築するための接道義務とは?建築基準法と道路法の違いを理解しておきましょう。
調査・測量

再建築不可?!【未接道用地】

凄く安かったから購入したのに、建て替えができないとこんなに古い家には住むこともできない。これ、買主だけの問題ではありません。売主としても知っておいた方が良い。「なんでこんなに駅に近くて便利なところにある不動産が二束三文なんだ?」
調査・測量

都市計画法と建築基準法

建物を自由に建築することができる区域は、市街化区域内です。市街化区域と市街化調整区域は隣接しています。対象土地が市街化調整区域内にある場合には、原則、建物を建築することはできません。都市計画法と建築基準法のポイントを整理します。
調査・測量

建物を建築することができる道路とは?

建物を建築するために一番厳しく関係する法律に、建築基準法というものがあります。 この建築基準法でいう『道路』とは、原則、幅が4m以上あることが必要です。建物を建てるためには、この道路に2m以上の長さで接していなければいけません。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました