相続

境界確定・測量

境界確定をしないで建物を新築すると起こるリスク

境界確定を先延ばしにしたために、隣人とトラブルになり精神的にも金銭的にも問題となり解決が困難な事態に陥ってしまっている方から相談を受けることがあります。協力してもらえない理由があります。
境界確定・測量

相続の延滞税が発生しないように事前に準備できること

相続発生後に離れて暮らす相続人やその代理人の土地家屋調査士が境界確定の立会依頼をお願いしても、隣接土地所有者にとっては見知らぬ他人と変わりません。良好な関係を築いている人と他人とでは、境界同意までの作業について時間や工程の困難さに差が出るのは当然のことです。
登記

建物の表題登記に必要な書類

建物が未登記だと判明。相続するにしても売却するにしても、不動産登記が必要です。まずはどのような建物なのか、現況を反映させた建物表題登記をする必要があります。そのために必要な書類は?必要書類が用意出来たら登記が速やかに申請できます。
登記

相続が起きたときの未登記建物の登記手続き

相続人から被相続人の未登記建物の表題登記を申請するためには、被相続人の所有権を証する書類と相続人が相続で取得したことを証する書面が必要になります。
登記

相続対策の分筆登記

如何なる目的理由を問わず、分筆するためには境界確定が前提になります。相続で揉めてしまうと土地の分筆登記をするための権利者全員の同意を得ることが出来ず、売ってお金に換えて分けることしかできない。ということにもなりかねません。
不動産

相続の話をしよう

相続順位と相続割合を知らずに相続の話はし難いものです。せっかく家族そろって話す機会をもったなら法定相続を理解しておいた方が、相続(争族)対策に遺言書を作るかどうかも判断しやすくなります。
登記

不動産の相続登記をしてこなかった相続人(子孫)の末路

相続が起きたときに相続人で協議をして相続登記をしておけば避けられたトラブルを三例ご紹介します。被相続人が遺言書を残してくれていたら、争族になっても早く対応しておいたら、争族を放棄しておけば、などいまさらどうすることもできないことです。
ブログ

すぐできる認知症対策がありました【包括委任状口座】

少子高齢化が進んで、一番大変なのが、親の認知症対策。たとえ資産家の家であっても認知症による口座凍結は止めることができません。「資産はあっても使えない!」にならないようにするには?
売買

相続登記が義務化!中古住宅市場の活性化を期待!

きっかけは、所有者不明土地の解消でした。放置された不動産が荒廃していくことで景観が損なわれて治安も悪化するからです。本当は、税金が徴収出来なくなっていってることの方が問題だったのではないかと思います。相続が起きたことすらわからない。さらには、住所変更もされていない。これだと納税通知の送り先がまず不明になります。
不動産

空き家売却の3000万円特別控除

空き家の発生を抑制するための特例措置(3000万円控除)を使わない方が得な場合がある!社会問題と化している『空き家』。今後も増え続けることが予想され、その対策の一つとして制定された3000万円の特別控除。誰彼構わず使えばいいってものではないから要注意!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました