税金

登記

公園など公有地拡大の土地譲渡で損をしないために

確定測量が必要で、分筆登記まで申請することになった場合、嘱託登記を利用することなく、当事者の選任した土地家屋調査士に登記申請まで依頼した方が余計な費用を抑えることになる場合が多い。
調査・測量

市販の物置を買ったら役所から撤去するように指導された

不動産登記法で建物として認定されると不動産登記の有無にかかわらず、固定資産課税台帳に載り、納税義務が発生します。不動産登記法の登記の義務と異なり、固定資産税を滞納した場合は大きなトラブルになりますので、必ず納税するようにしてください。
売買

土地の査定価格

実勢価格(時価)を100とした場合に、行政から公表される4つの価格、公示価格・基準地価・路線価・固定資産税評価額との割合がそれぞれ一定の割合で安定していることで、実勢価格(時価)を推定することが出来ます。
登記

離婚の財産分与でもらった不動産は申告しなくていい

「婚姻期間中に取得した不動産、株、預貯金などの財産は、夫婦双方の協力があったからできた財産である」。財産分与による所有権移転の登記は、財産分与を受ける側は非課税とされるのに、分与する側は譲渡所得税が課税される。
不動産

空き家を解体するな!

【空家を解体撤去した後の2大後悔】1.税金が跳ね上がった!2.再建築ができなくて使い物にならない土地になってしまった!取り返しのつかない余計なことをしたと後悔しても後の祭りです。
調査・測量

私道(セットバック含む)は免税の手続きを忘れずに

固定資産税(都市計画税のあるところは都市計画税を含む)の評価は、一定の要件を満たした公共性のある私道として認定されると非課税となります。ただし、勝手に非課税とされることはなく、自ら申請する必要があります。
売買

税務署からの督促にも誤りはあります

固定資産税のことではありません。不動産を購入した時など不動産を取得した時に課税されるものです。決済前に納付することも出来ます。そして、自主的に納付したにもかかわらず、決済して所有権移転登記後に、再度、納付書が送られてくることがあります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました