トラブルなく境界確定をするために大事なたった一つのこと

不動産

不動産会社や信託銀行からの問い合わせ。不動産の相談に伺うと大概同じ相談が多い。方向性が決まった時に出てくる質問。
不動産に纏わるトラブルはお金も時間も掛かるために未然に防ぎたいとみなさん思うものです。

境界確定測量

「土地の境界はキチンとありますか?」
「土地の測量図はお持ちですか?」
「境界確定は出来てますか?」

全部同じ趣旨の質問です。

土地家屋調査士の仕事はお客様の大切な財産を守るために正確に登記するお手伝い。
そのためには、対象不動産の所有者と隣接土地の所有者との関係性が一番大事。隣人トラブルが最大の障害。
不動産の価値がどうとかよりもお隣さんとの関係の方が大事だと思いませんか。
ぼくたち土地家屋調査士が境界確認のお手伝いをしたから、ぼくたちが原因で隣人関係が悪くなるようなことは絶対にないように気を使います。

お客様の財産の大半を占めることの多い不動産。
できる限り有効にご活用していただきたいと存じます。

今日は、境界確定測量を実施する際、何をご協力していただきたいのか、またそれはどうしてなのか?
このことについて書かせていただきます。

協力してほしいこと

突然、身も知らない人が訪ねて来て、
「お隣の○○さんのご依頼で土地の境界の確認の依頼を受けた土地家屋調査士の××と申します。これから……」

どんなお気持ちですか?

それから、現地調査が始まります。
境界標があると思われる周辺一帯を掘削作業して境界標を宝探しのように必死に探します。
塀などの障害物があることも多いので、依頼者の敷地側からの探索では不十分な場合は隣接地へ立ち入らせていただき隣接地側から掘削することも毎回です。

あってもなくても、お隣さんの依頼でご自身の庭先に他人が入って土地をほじくり返しています。

気になりますよね!

後日、境界立会を求められて立ち会ってみると、
予想外のところを示されて一方的に説明されます。

ご納得できますか?

国家資格を持っている人が正式な方法で根拠を示して説明してくれたのだから、
納得してサインして判子も押します。

ぼくたち土地家屋調査士にとっては、パラダイスです。
こんなに協力的で思いやりのある方ばかりでしたら境界問題なんてありえません!

完全な失敗例です。
不安ばかりが募って、信頼が減っていった結果こうなりました!

どうしたらこうなる可能性を低くすることができますか?
全てではないですが、たったひとつのボタンのかけ間違いなんです。

土地家屋調査士なら誰であれ上記のような流れでも最善の努力をします。
しかしながら、どうすることもできないまま隣人トラブルに発展して境界立会確認どころか境界紛争に発展してしまうこともあります。

何が原因なんでしょうか……

正解はありません。
誰も人の心を読むことなんてできません。

人のこころ

ここだけ注意していただきたいんです。
ここだけは、ご協力いただきたい!

着手前と作業中、そして完了後のご挨拶

たったこれだけのことで業務はスムーズに進み、気持ちよく生活し続けることができます。
ご協力をお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました