子供に教えたい不動産投資

不動産

数ある投資の中で不動産投資が一番だと思う理由を書かせていただきます。詳しい原理や難しい説明はここでは省略しています。

なぜ不動産投資が一番なのか?

それは下記の3つの理由からです。

  •  シンプル
  •  毎月の収入がある
  •  資産が増え続ける

ひとつづつ説明します。

シンプル

不動産投資のやり方ですが、

  • 1 不動産を買う
  • 2 不動産を貸す
  • 3 家賃が溜まる

たったこれだけです。

不動産の購入方法は、お手持ちの貯金でも借りても良いです。可能ならば、借りたお金で購入する方がお勧めです。その際、少しでも多く借りる。不動産の価格と購入するときの諸費用を足した金額まで借りることができたら最高です。融資の条件は、返済期間は長く、借入の金利は低くなるようにお願いしてみましょう。

毎月の収入がある

不動産を人に貸すことで毎月の家賃が発生します。

お手持ちの現金で購入した場合には、まるまる収入になります。金融機関の定期預金の金利とは比べるまでもありません。また、株や債権、先物やFXと比べて、不動産は倒産して紙くずになったり、消えて無くなることはありません。そして、突然、暴落したり急騰したりすることは考え辛く、安定した商品だとご理解ください。

融資を受けて購入するときには、借りたお金の返済(支出)と毎月の家賃(収入)を比較して、ローンの支払い金額の方が家賃収入より高くなるとき(お金を持ち出す)にはその不動産の購入をやめて、別の不動産を探せば良いだけです。家賃がローンの支払額より高いとき(お金が残る)には、その差額が毎月の現金収入になります。

※実際には、固定資産税や管理費、分譲マンションの修繕積立金などの不動産を所有する際の諸経費も考慮しますが、ここでは考慮していません。

資産が増え続ける

不動産を貸した後は、ほとんどやることはありません。あなたの不動産が家賃を稼いでくれます。これまでの収入源とは別の新しい収入源です。それまでと同じ仕事を続けて、同じ生活をしていれば、不動産がお金を貯め続けてくれます。

お金を借りて不動産を購入できた方にとっては、借りたお金の返済を家賃でしているのだから返済が終わったときには、その不動産はまるまる貴方の資産になっています。

返済途中でも毎月の返済をして余ったお金を貯めておけば、その溜まったお金を頭金にして、また新しい不動産を購入することもできます。こうしてコツコツと続けているだけで不動産がお金を稼いでくれて、また新しい不動産を買い足して行くこともできるので、不動産投資は資産が増え続けると言えるのです。

まとめ

不労所得という言葉があります。あなた自身が何もしてないのにお金が入ってくること。

あなたが働いて稼いだお金はあなたのお金。別の人が働いて稼いだお金は働いた別の人のお金。自分以外の人が働いて稼いだお金をあなたが貰えたら嬉しくないですか?それも一人だけではなくて何人も!

それができる不動産投資。

あなたのために毎月、家賃を稼いでくれます。もちろんほったらかしにして邪険に扱うのではなく、綺麗に管理して大事にすることは必要です。末長くあなたのために働いて、稼ぎ続けてくれます。

宝くじやギャンブルのような一攫千金ということはありませんが、最低限のルールを守り大切に扱うことで、少しずつ戸数も稼ぎも増えていく大事なパートナーに成長して行くことでしょう。

簡単におさらいをしてみましょう。

  • 購入するときには、収入(家賃)と支出(ローンの返済)を比べる。支出の方が多かったらその不動産は購入しない。
  • 収入を稼いでくれる不動産を一人のパートナーとして大事にする。
  • 家賃収入からローンを返済して、残ったお金はできる限り蓄えておくようにする。
  • 家賃が溜まったら、そのお金を頭金にして新しい不動産を購入する。
  • これを繰り返して、あなたのために稼いでくれるパートナー(不動産)を増やしていく。

不動産投資の概要はなんとなくご理解いただけたと思います。パートナーを増やすためには時間が必要です。始めなければ何も残りません。初めてのことは怖いと感じるものです。

「私に出来るかなぁ?と悩むのではなく、『やるかやらないか』です!」

みんな初めてやった時を経験しています。

別の記事でもう少し細かく解説しています。関心がありましたら読んでみてください。

マンション投資の原理原則

他人のお金で金儲けをするのが、不動産投資

不動産は究極の転売ビジネス

コメント

タイトルとURLをコピーしました